キャビテーションって英語?

エステで行われているキャビテーションは英語であり、 cavitation と記述します。
日本語でも英語をそのままカタカナにしてキャビテーションと呼びます。
なお、日本ではエステティックを省略して呼びますが、英語の場合だと省略せずに用いるのが基本となります。

キャビテーションは元々物理現象を意味する言葉であり、エステの場合はキャビテーションとしか呼びませんが、物理現象としてのキャビテーションの場合は空洞現象と呼ばれる事もあります。

英語のキャビテーションは日本語では空洞現象と呼ばれているのですが、その意味については知らないという人が多いです。
これはどういうものであるのかというと、液体に圧力差を生じさせる事で気泡が発生したり消失したりする事であり、元々は船のプロペラでこの現象が起きた事がきっかけで研究されるようになったと言われています。
単に気泡が出たり消えたりするだけではなく、気泡が弾ける際に衝撃波を発生させ、それが金属をへこませたり穴をあけたりする事もあるのです。

この性質を利用して体を切開せずに脂肪細胞を破壊し、中から出てきた中性脂肪が肝臓で処理された上で体外に排出されていきます。
脂肪を物理的に取り除く方法としてはよく知られている方法として脂肪吸引がありますが、脂肪吸引は身体を切開するためにリスクもかなりあります。
それに対してキャビテーションは説明したように切開する必要が無いために負担が少なく安全性が高いです。
だからこそキャビテーションは高いダイエット効果があり、現在人気が高いダイエット方法となっているのです。