ロスミンローヤルに配合されている生薬成分

ロスミンローヤルは、小じわとシミへの効果が認められた国内で唯一の医薬品です。女性に多く見られる冷え性や血行不良は、肩こりや腰痛などの原因となるだけではなく、肌やくすみやシミの原因にもなります。これは、血液の流れが滞ることで、細胞の新陳代謝が滞り、十分な酸素と栄養が細胞に届けられないからです。細胞の新陳代謝が活発になることで、肌の再生と修復がスムーズに行われ、美しい肌が作られます。ロスミンローヤルはその点に着目し、血行不良を改善し、肌の新陳代謝をサポートする22種類の有効成分が配合されています。その中でも注目は、9種類の生薬成分です。数多くあるシミ対策の医薬品でも、生薬が配合されているのはロスミンローヤルだけの特徴です。ロスミンローヤルに配合されている生薬は、ハンゲ・センキュウ・トウキ・シャクヤク・ブクリョウ・ソウジュツ・タクシャ・ニンジン・ローヤルゼリーです。この中でも、シャクヤク・ソウジュツ・タクシャ・ブクリョウ・センキュウ・トウキは漢方薬の当帰芍薬散に配合されている生薬です。血液の流れが滞り、婦人科系の悩みを抱えている女性によく処方されます。体を温め、ホルモンバランスを整える働きがあります。ハンゲは、体を温め、滞ったものの流れを良くする他、胃を正常に整える働きがあります。生薬としてのニンジンは、「百薬の長」と呼ばれ、古くから様々な病気の治療薬として使われてきました。新陳代謝を促し、疲労回復に役立ちます。ローヤルゼリーは、肌の新陳代謝を促し、加齢による肌の悩みを改善へと導きます。また、抗酸化作用が細胞の酸化を防ぎ、若々しい肌を維持するサポートになります。